Thirty+Animationたつみのめっちゃブログやん!

Thirty+Animationたつみのめっちゃブログやん!

自身で手がけた楽曲やオタクカルチャーをピックアップ!

【第19回】俺は今までコレに触れてこなかったことを酷く後悔した夜

バカ野郎!

皆様どうもどうも。

Thirty+Animation音楽担当のたつみです。

僕は昨日、人生でここまで後悔をしたことがあっただろうか?

今まで何をしてたの?馬鹿なの?

そんなことを思う夜をすごしました。

なので今回は、僕を後悔の渦に叩き込んだ作品を紹介します。

 

本日のピックアップはこちら!

 

劇場版 マクロスF 虚空歌姫イツワリノウタヒメ

f:id:Tatsumi30A:20170913211359j:plain

 

・劇場版 マクロスF 虚空歌姫イツワリノウタヒメ〜 とは

『劇場版 マクロスF』(げきじょうばん マクロスフロンティア)は、サテライト、エイトビット制作の日本のアニメーション映画。2008年放送のテレビアニメ『マクロスF』の劇場版2部作である。

 

マクロスFの存在はよくテレビアニメの頃から存在は知っていました。

長い歴史のある作品であるマクロスシリーズっていうのもあって、当時15歳の僕にとっては入りづらく、観ていませんでした。

マクロスΔは観たんですけど、やはり所々わからないところがあったりしましたね。

ただ、マクロスΔ自体は凄く感動し、楽しんで視聴はしました。

相方であるThirty+Animation映像担当滝川ざくろマクロスFの大ファンで「一回みてみ?」ってずっと言われてきました。

そして、昨日の夜。

滝川くんと二人この劇場版を視聴しました。

もうね、これはずるい!

お話は勿論、戦闘シーンの作画は目を輝かせずっと「かっこいい!おぉ!かっけー!やべー!」と叫ぶ24歳。

アルト(主人公)と絡むランカ(画像左の女の子)やシェリル(画像右の女の子)に対して「アホみたいに可愛いな。どっちかなんて選べない。」「アルト君・・・バカ野郎!お前そんなことしたら・・・!!」と叫ぶ24歳。

シェリルやランカの歌うライブシーンの映像美を目の当たりにして「音楽のクオリティが凄すぎる・・・。」「May'nさん(シェリルの歌唱担当)これ歌ってる頃十代よな?この歌唱力はもはやバグや!うますぎる!」と立ち上がり拍手を贈る24歳。(そこまではしていないですが)

とまぁ終始ワクワクし、興奮し、本気で感動させていただきました。

音楽とSFが融合した作品なので、音楽の演出が素晴らしいのはまぁ当然といえば当然なのです。

しかし、滝川くんの言われて「確かにっ!」と共感したのは

 

~無音の使い方が上手すぎる~

滝川ざくろ(Thirty+Animation映像担当)1986.9.2~2756.2.14

 

そうなんです!

映画やドラマ、アニメでも演出として無音になる瞬間、ありますよね?

その無音になるタイミングとシーンが100点ではちょっと足りませんね。

 

音楽といえばpink monsoonという楽曲が僕の中でかなり印象深かったですね。

この曲はもうアニメソングではないです。

昨今のアニメソングは非常にクオリティが高いものばかりですが、このpink monsoonだけはサウンドが洋楽ですね。

May'nさんの歌声と非常にあっていて、アニソンが苦手な方でも聴きやすい楽曲なんじゃないでしょうか。

名曲だらけの作品ですが、pink monsoonはとてもおすすめです。

 

残すは後半のサヨナラノツバサ

また後半も感想書かないと!!

 

 

それでは

じゃあね!

 

 

macross.jp

 

soundcloud.com